医療や介護の現場でユニフォームが与える印象は大切

身体を患っている人にとって、心の癒しややさしさとともに、見た目に安らげるユニフォームの存在も必要です。

医療現場では、治療と看護において必要な機能を満たし、なおかつ患者から信頼を得るための人格と雰囲気は、なくてはならないものです。介護の現場でも、介護に必要な動きやすさと機能性、利用者が話しやすいと感じる雰囲気は大切です。

どちらにとっても、身体や精神的な病で自由が利かない人の介助や看護では、必要な介助がしやすいユニフォームが必要です。また汚れやすい仕事であるため、洗濯の回数にも耐える丈夫なものであり、汚れの落ちやすい素材であることも大切な条件となります。

無駄な動きをしなくて済むようなスマートさで、動きやすく清潔感のあるものが好まれているようです。ユニフォームの機能として重要視される『動きやすさ』には、ほとんどがストレッチ素材で対応していますが、その色やデザインはさまざまです。

医療現場では、白のほかに薄いピンクやブルーが好まれ、介護の現場では、少しでも雰囲気を明るくするためにできるだけ明るい色が好まれていて、色違いで揃えている施設も少なくありません。

暗くなりがちな医療や介護の現場では、少しでも明るさと楽しさを取り入れるために、さまざまな工夫を凝らしていてユニフォームもその一つとなっているのです。

働く人にとっても、着心地の良さや動きやすさ、また自分に合った色を着用することで、気持ちよく働くことができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です