作業着としてのユニフォーム選び

仕事の時に着る作業着は、会社で用意してもらえるという企業も多くあります。

みんなで同じユニフォームを揃えるということは統一感が出ることになり、気持ちが一つになって仕事も協力し合って進めることにも役立ってきます。

そんな作業着としてのユニフォームは、年齢や性別、体型も違うさまざまな人が着用することにもなるので、みんなが違和感なく着心地が良いものを選ぶことは欠かせません。

作業着でも、若い人向けのスリムなシルエットのデザインも近年増えており、仕事中もおしゃれを楽しみたいという若い人にとても人気があります。細身でありながらもストレッチ性が高い素材が使われているので、動きやすくて作業の邪魔もしません。

しかし、年齢を重ねた人が含まれるという場合には、違和感が出てしまうことになります。また、女性が含まれるという場合には、前かがみになったりと作業中に動いた時には胸元や腰の肌が出てしまうこともあるので、タイトすぎるシルエットは男性スタッフの視線もあるので向いていません。

ユニフォームは、古臭いデザインで地味に思われてしまいがちですが、全ての人に合わせるためには無難なデザインであることがベストです。しかし、機能性の面はこだわる必要があります。

ストレッチ素材が使われていることも役立つのですが、作業で汚れても汚れが落としやすい防汚加工が施されていたり、洗濯をしてもすぐに乾くような速乾性の高い素材であれば役立ちます。

作業着やユニフォームについてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です